ADHDについて

● 有病率は学童で約5%、成人で約2.5%1)

● 男性のほうがやや多い(およそ男性2:女性1の比率)1)

    なお、成人では性差がなくなる2)

● 12歳以前から特性が出ており、幼児期(1〜6歳)にはすでに特性が出ていることもある3)

ADHD 特性の概要

ADHDの特性は、名前のとおり「不注意」と「多動性・衝動性」です。

子どもの場合

特性:不注意

● 集中することが苦手
● 他の刺激で注意がそれる
● 忘れっぽい(予定や約束を忘れてしまう、ケアレスミスが多い)  など
特性:不注意
本田秀夫.  標準精神医学 第7版(尾崎紀夫ほか編). 東京, 医学書院, 2018, p.383.を参考に作成

特性:多動性

● 落ち着きがなく、活発に動き回らずにはいられない

● 話し始めるとなかなか止まらず、話し続ける  など
特性:多動性
本田秀夫.  標準精神医学 第7版(尾崎紀夫ほか編). 東京, 医学書院, 2018, p.383. を参考に作成

特性:衝動性

● しゃべりたくなると周りを気にせず、つい口に出してしまう

● 車を確認せず、ふっと車道に飛び出すことがある  など
特性:衝動性
本田秀夫.  標準精神医学 第7版(尾崎紀夫ほか編). 東京, 医学書院, 2018, p.383. を参考に作成

大人の場合

大人のADHDでは、「多動性」が弱くなり、相対的に「不注意」と「衝動性」が目立つようになります。

特性:不注意

● 物事を順序立てて考えるのが難しく、仕事での段取りをつけることが難しい

● 仕事でのミスや準備不足を周りに指摘される
● 予定や約束を忘れてしまいがち  など
特性:不注意
本田秀夫.  標準精神医学 第7版(尾崎紀夫ほか編). 東京, 医学書院, 2018, p.383. を参考に作成

特性:衝動性

● 他人が話しているところに割り込んでしまう
● 順番が待てない  など
※ほかにもさまざまな特性・困りごとがあります。
ADHD 特性の概要

関連ページへのリンク


1) 本田秀夫.  標準精神医学 第7版(尾崎紀夫ほか編). 東京, 医学書院, 2018, p.383.

2) Moffitt TE, et al. Am. J. Psychiatry, 2015, 172(10), 967-977.

3) ADHDの診断・治療指針に関する研究会、齊藤万比古 編.  注意欠如・多動症-ADHD-の診断・治療ガイドライン 第4版. 東京, じほう, 2016, p.(7), 7.


監修(五十音順)

医療法人南風会万葉クリニック 子どものこころセンター絆 センター長 飯田 順三 先生

国立大学法人信州大学医学部 子どものこころの発達医学教室 教授 本田 秀夫 先生

社会医療法人啓仁会堺咲花病院 副院長 村上 佳津美 先生

この記事をシェアする