治療・支援の目標

神経発達症に対する治療・支援では、「ご本人が自尊心を低下することなく、充実した日常生活を送れること」を目標とします。

治療や支援を受けることで、自分の特性を理解するきっかけをつかめます。
そして、苦手なことは苦手なりに工夫して改善し、得意なことはさらに伸ばしていくことで、以前に比べ、自分に合った生活を送ることができるようになります。

治療・支援の全体像1-4)

治療は、神経発達症の特性により現れる症状の一部や二次障害による症状を改善することが目的です。

支援は、神経発達症の人が置かれた環境から生じる困りごと・生きにくさを軽くして、生活の質(QOL)を上げることを目指します。

もちろん、治療と支援は関係しあっていますので、関係各所は相互に連携して神経発達症の人をサポートします。

【治療・支援の概念図】

治療・支援の概念図
汐田まどか.  データで読み解く発達障害(平岩幹男総編集、岡明ほか専門編集). 東京, 中山書店, 2016, p.178-182. 
厚生労働省.  就労準備支援事業従事者養成研修 発達障害の理解, 2019年10月 
長瀬美香.  小児科診療. 2017, 80(3), 381-389. 
厚生労働省.  厚生労働省における発達障害者支援施策, p.1, 6, 7, 12を参考に作成
神経発達症の人への総合的な支援を行うことを目的とした専門機関として、発達障害者支援センターがあります。

発達障害者支援センターの役割

相談支援 神経発達症の人とその家族・周囲の人の相談に乗ります
医療・福祉・教育といった支援機関の紹介も行います
発達支援 療育方法についてアドバイスします
また、検査をして、その特性に応じたアドバイスを送ることもあります
就労支援 労働関係機関と連携して情報提供などを行います
普及啓発・研修 神経発達症を多くの人に知ってもらうための活動を行います
同センターと支援機関が連携して、地域に応じた支援を行っており2,4)、神経発達症の人も、またその人を支えるご家族や周囲の人も、各機関から支援を受けることができます。

【支援(関係機関)の概念図】

支援(関係機関)の概念図
厚生労働省.  就労準備支援事業従事者養成研修 発達障害の理解, 2019年10月を参考に作成

治療・支援は年齢に関係なく、 ライフステージに合わせて受けられます3,5-7)

早く気づいて治療・支援を受けることは大切ですが、大人になってわかったとしても、決して手遅れではありません。

就労機会の確保などの支援があり、よりよい生活を送るきっかけが得られます。
つまり、神経発達症の人のライフステージに合った治療・支援が受けられるのです。

【子どもと大人の神経発達症の気づきと治療・支援】

子どもと大人の神経発達症の気づきと治療・支援
1) Hyman SL, et al.; COUNCIL ON CHILDREN WITH DISABILITIES, SECTION ON DEVELOPMENTAL AND BEHAVIORAL PEDIATRICS.: Pediatrics. 2020, 145(1), e20193447. 
2) 長瀬美香.  小児科診療. 2017, 80(3), 381-389. 
3) 吉川徹, 内山登紀夫.  子ども・大人の発達障害 診療ハンドブック “年代別にみる症例と発達障害データ集”(内山登紀夫編集、宇野洋太ほか編集協力). 東京, 中山書店, 2018, pp.72-89, 206-211. を参考に作成

クリックすると、治療(指導)について確認できます。

関連ページへのリンク


1) 汐田まどか.  データで読み解く発達障害(平岩幹男総編集、岡明ほか専門編集). 東京, 中山書店, 2016, pp.178-182.

2) 厚生労働省.  就労準備支援事業従事者養成研修 発達障害の理解, 2019年10月

3) 長瀬美香.  小児科診療. 2017, 80(3), 381-389.

4) 国立障害者リハビリテーションセンター 発達障害情報・支援センター.  発達障害者支援センターとは、発達障害者支援センターの事業内容 http://www.rehab.go.jp/ddis/action/about/http://www.rehab.go.jp/ddis/action/work/ [2021年3月30日アクセス]

5) Hyman SL, et al.; COUNCIL ON CHILDREN WITH DISABILITIES, SECTION ON DEVELOPMENTAL AND BEHAVIORAL PEDIATRICS. Pediatrics. 2020, 145(1), e20193447.

6) 吉川徹, 内山登紀夫.  子ども・大人の発達障害 診療ハンドブック “年代別にみる症例と発達障害データ集”(内山登紀夫編集、宇野洋太ほか編集協力). 東京, 中山書店, 2018, pp.72-89.

7) 厚生労働省.  厚生労働省における発達障害者支援施策, p.1. https://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/seminar/dl/04-02.pdf [2021年3月19日アクセス]


監修(五十音順)

医療法人南風会万葉クリニック 子どものこころセンター絆 センター長 飯田 順三 先生

国立大学法人信州大学医学部 子どものこころの発達医学教室 教授 本田 秀夫 先生

社会医療法人啓仁会堺咲花病院 副院長 村上 佳津美 先生

この記事をシェアする