がんのつらさ ~つらさ聴いてつたえて~

Q4がん患者さんにみられる痛みには
どのようなものがあるのでしょうか?

  • がん患者さんにみられる痛みとしては、がんによる痛み、がん治療による痛みやがん・がん治療と無関係の痛みがあります。がんによる痛みとはがんの浸潤や転移による痛みのことをいいます。
    がん治療による痛みとは、手術療法、化学療法、放射線治療など抗がん治療に関連する痛みであり、がん・がん治療と無関係の痛みとは、基礎疾患や廃用・老化に関連するもの、慢性痛などのことです。
    (廃用とは、病気やケガなどで身体を動かせない状態が続き、過度の安静や日常生活が不活発になることをいい、またそのことに伴って生じる身体的・精神的諸症状を総称して廃用症候群といいます。)
  • ※参考資料 P.22,がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン
    (2020年出版/金原出版/日本緩和医療学会 編)