伝えるためにも記録する習慣を

痛みや不快感でもやもやしているとき、それをどうやってまわりの人に伝えれば良いのか悩みますよね。なかなかわかってもらえないもどかしさでイライラしてしまうかもしれません。でも、あなたが状況を伝えることで、まわりの人の理解や協力が得られることもあるでしょう。
まずは不快感をどう伝えればよいのか、あなたの言葉で表すことから始めてみましょう。

記録してみましょう

例えば次のようなことを記録してみるのはいかがでしょうか?
①あなたの日常
(体温、排便の状態、飲んでいる薬、食事などのメニュー、食べられた量や感想など)
②どんな痛みなのか?
(ずっと続くのか、それとも間をあけて急におこるのか、など)
③どのくらいつらいのか?
(夜眠れない、外出できない、など、日常生活に支障がでるくらいなのか、など)
④何が一番つらいのか?
(痛みで眠れない、食事ができない、など)
⑤いつから感じているのか?
(今朝から、一昨日から、など)
⑥どんなときに痛むのか?
(朝起きた直後、立ち上がるときなど、具体的に)
⑦どんなときに和らぐのか?
(お風呂に入って温まるとき、仕事しているとき、など)
を書き出してみましょう。

楽しかったことも伝えてみましょう

つらいことだけではなく、楽しかったこと、嬉しかったことなど、治療を進めていく中でのあなた自身の記録をつけるのもおすすめです。
食事の内容、毎日の活動、仕事や買い物、どんなことでも良いのです。あなたが治療を受けながらどんな日常を送っているのかを記録してみましょう。
主治医やまわりの医療者はあなたの普段の生活を知りません。家族と一緒に住んでいるのか、どんな食生活をしているのかなど記録をとおして、あなたの日常生活の様子が詳しく伝われば、何を大切に毎日を過ごしているのかなど、あなたのことをより理解してもらえるようになるでしょう。あなたの生活の質を改善するヒントが新たに生まれてくるかもしれません。
鎮痛剤を処方されても痛みが軽減されるまでには時間がかかることもあります。そんなときには、夜ぐっすり眠れるようになること、家族と一緒に外食することなど、あなたなりの小さな目標を立ててみませんか?あせることなく毎日を記録していくことで、日々の小さな変化にも、より気がつきやすくなるでしょう。

記録ができるアプリの活用もおすすめです

スマートフォンやパソコンに慣れてしまうと、手書きで記録するという作業がおっくうに感じるかもしれません。最近では自分の体調や痛みを定期的に記録するスマートフォン用のアプリなども開発されています。メモをとるのがめんどうという方は一度試してみてはいかがでしょう?
様式にこだわらずに、あなたが一番楽だと思う方法で、記録していきましょう。

患者さんの声 Yさん(50代・女性)の場合

Yさんは昔からメモをするのが大好きです。
がんと診断されて、治療を続けていますが、その間ずっと自分なりの方法で記録をつけています。
A4版の紙に1週間分記録するのですが、その内容は①体温②排泄の有無③食事内容④服薬した薬⑤痛み(痛みのきっかけ、どこがどう痛むかなど)そのために服用した薬など)また、その日のできごと、心情などを日記風に記録しているとのこと。
「こうして記録しておくと診察のときに自分がどんな状態だったか主治医に伝えやすいのです。」と語るYさん。 
痛みについても後で振り返るときにいろいろ参考になることも多いとか。難しく考えないで、簡単で良いので記録していくことをお勧めします。

TOP