がんは一人で闘うには、相当強敵な相手です。がんとの闘いには、知恵を使って、正しい知識を得て、また、医療者や家族など、良い味方を見つけて、うまく付き合っていってほしいと思います。
がんにはいろいろな症状や痛みが伴うものですが、時々、患者さんは、医療者に気兼ねして、症状を訴えるのをためらったりします。
実は、痛みを和らげることでがんの治療にもとり組みやすくなります。最も大切なことは、痛みをがまんせず、遠慮しないで、きちんと医療者に伝えていくことです。このことは、何よりも、あなたの大切な命をまず一番に考えてほしいから言えることですし、痛みを訴えることは、遠慮しなくて大丈夫だということなのです。
この冊子では、とくに、がんに特有な痛みについて、どうやってうまく伝えたらよいか、わかりやすく書いていますので、是非積極的に使っていただければと思います。
日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科 教授
がん薬物療法専門医
勝俣 範之
痛みがあるときは、一人で悩まず、主治医や看護師など医療者に相談しながら、適切な治療を受けることが大切です。
詳しくみる
心配ごとがあると身体の痛みも増えるように感じたことはありませんか? つらい時には、まわりの助けを借りてみましょう。
詳しくみる
こころや身体のケアは、治療を進めていく上でも大切です。がまんしないで、ケアの専門家に頼りましょう。
詳しくみる
痛みや不快感でもやもやしているとき、まわりの人にどう伝えれば良いのか悩みますよね。まずはあなたの言葉で表すことから始めてみましょう。
詳しくみる
がんの痛みを和らげる薬は、あなたの生活のリズムや、日常の中で大切にしていることにあわせて、主治医と一緒に考えていきましょう。
詳しくみる
自宅での治療に伴う不安や、急に痛みが出た時の対応などは、あらかじめまわりと共有しておくことが大切です。
詳しくみる
治療を続けていく中で出てくる生活面での心配ごとや経済的な不安などは遠慮せずに相談しましょう。
詳しくみる
  • 参考資料
  • 『患者さんと家族のためのがんの痛み治療ガイド 増補版』特定非営利活動法人 日本緩和医療学会/緩和医療ガイドライン委員会 編集(金原出版株式会社)
  • 『新版 がん緩和ケアガイドブック』日本医師会 監修(青海社)
  • 『運動・からだ図解 痛み・鎮痛のしくみ』橋口かおり 著(マイナビ出版)
  • 『痛覚のふしぎ 脳で感知する痛みのメカニズム』伊藤誠二 著(ブルーバックス)
  • 『よくわかるWHO方式がん疼痛治療法』武田文和/的場元弘/鈴木勉 著(金原出版株式会社)

illustration 堀川直子

TOP