がんの痛み治療法について -WHO方式がん疼痛治療法-

WHO方式がん疼痛治療とは

1986年に発表された「WHO方式がん疼痛治療法」は、「がんの痛み治療」として世界中で実践されていて、多くのがん患者さんを激痛から解放することに貢献しています。

がん患者さんに対する痛み治療のあり方

この治療法が提唱される以前の考え方は、がんそのものの治療が効果を上げなくなった末期に「痛みの治療」を行うというものでしたが(図1)、WHOは、がんと診断されたそのときから、がんそのものの治療と並行して必要に応じた痛みの治療を行うよう提唱しています(図2)。

がん患者さんに対する痛み治療のあり方

WHO方式がん疼痛治療法の有効性

WHO方式がん疼痛治療法の有効性

日本でもWHO方式がん疼痛治療法の有効性が確認されています。90%以上のがん患者さんの痛みが消え(完全な除痛+ほぼ完全な除痛)、残りの患者さんの痛みも軽くできたという結果が出ています。

具体的な治療法について -WHO方式がん疼痛治療法-

段階的に進める痛みの治療

「WHO方式がん疼痛治療法」の基本は、医療用麻薬の飲み薬の十分量を適切に使用することです。がんの痛み治療は、下記のように段階的な達成を目指して治療を進めていきます。

  • 第一目標

    痛みで眠りを
    じゃまされない

    第一目標 痛みで眠りをじゃまされない

  • 第二目標

    安静にしていれば
    痛まない

    第二目標 安静にしていれば痛まない

  • 第三目標

    体を動かしても
    痛みが強くならない

    第三目標 体を動かしても痛みが強くならない

鎮痛薬の使い方は5つの基本原則があります

1.できる限り飲み薬で治療する

他人の手を借りずに患者さん自身で服用できることから、可能な限り飲み薬で治療します。
飲み薬を飲むことができなくなった場合には、坐剤や注射剤、あるいは貼付剤を使います。

2.痛みの強さに応じた効力の薬を使う

鎮痛薬の種類は病状の進み具合や末期か否かによって決めるものではありません。
痛みの強さに応じて、どの鎮痛薬を使うのかを決めます。
この選択基準は、「WHO三段階除痛ラダー」と呼ばれる階段図で、世界共通のものです。

  1. 第一段階(痛みが軽い時)

    非オピオイド鎮痛薬*
    アスピリンやアセトアミノフェンが代表的なお薬です。

  2. 第二段階(痛みが中くらいの時)

    弱オピオイド鎮痛薬* ±非オピオイド鎮痛薬*
    コデインが代表的なお薬です。

  3. 第三段階(痛みが強い時)

    強オピオイド鎮痛薬* ±非オピオイド鎮痛薬*
    モルヒネが代表的なお薬です。

「オピオイド鎮痛薬」とは,神経の中に分布しているオピオイド受容体と結合して、痛みを緩和する作用を持ったお薬です

なお、「がんの痛み治療」は痛みの強さに応じて1~3のどの段階から始めてもよいことになっています。

WHOの三段階除痛ラダー(階段図)

3.痛みが消える量へと増やして使う

痛みが消えるまで、医療用麻薬の量を増やしていきます。
アルコールに対して強い人、弱い人がいるように、鎮痛のための医療用麻薬の十分量にも個人差があります。痛みが消えるその量が、その方の十分量なのです。

これは「WHO方式がん疼痛治療法」の最も大切なことの一つです。

経口モルヒネ最大投与量の分布(55例)

出典:『淀川キリスト教病院ホスピス編:緩和ケアマニュアル』p47,
最新医学社,大阪(1992)より一部改変

4.時刻を決めて規則正しく使う

痛みが出たときに鎮痛薬を使用するという方法では、いつまで経っても痛みから解放されることはできません。鎮痛薬の効果が切れる1時間前に次回分を服用するという「時刻を決めた規則正しい服用」が大切です。
他の薬と一緒に、服用時刻が日によってバラバラな食後に服用してはいけません。
必ず毎日決められた時間に服用しましょう。

これも「WHO方式がん疼痛治療法」の最も大切なことの一つです。

5.1から4をふまえたうえで、細かな点に配慮する

どの鎮痛薬にも少なからず副作用が発現します。でも心配しないで下さい。あらかじめ副作用を打ち消すためのお薬を併用します。
また、患者さんの悩みもそれぞれ違いますので、悩んでいることを医師や看護師、薬剤師さんに伝えましょう。

患者さんの介護にあたるご家族の方が、患者さんの悩みを積極的に聞いてみることも大切です。