がんの痛みが出たら、医師・看護師・薬剤師・身のまわりの方に伝えましょう

いまは、がんの痛みは取ることができます。

いま、がんの痛み治療が進んでいます。
だから、痛いときには必ず「痛い」と伝えてください。

がんの痛みは患者さんにしか分かりません。

がんの痛み治療では、患者さんにも果たさなければならないことがあります。
それは、痛みがあったら遠慮なく医師や看護師、薬剤師さんに伝えること。
残念ながら、どんな名医でも患者さんの痛みの強さは分かりません。
だから、がまんしないで、痛みが消えるまで医師や看護師、薬剤師さんに伝えましょう。

どんな痛みか、具体的に伝えましょう。

痛みの症状やその程度はさまざまです。
例えばこのように伝えたらどうでしょうか?

どんな痛みか、具体的に伝えましょう。

がんの痛みは、がまんしないで、消えるまで伝えてください。