緩和ケアとは

緩和ケアとは・・・
重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアです。

(特定非営利法人日本緩和医療学会)

がん治療とともに行われる「緩和ケア」は「がんの痛み」だけを対象としたものではありません。
がんの痛み、つまり「身体的つらさ」だけではなく、「精神的なつらさ」「社会的なつらさ」「スピリチュアルなつらさ」のすべてに向き合い、一緒に考え、問題解決のために適切な対処を行って、患者さんの良好なQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)を実現することが、緩和ケアの目的です。

終末期の患者さんだけが対象ではありません

1990年代では、緩和ケアは終末期の患者さんを中心に提供されていましたが、2002年にWHO(世界保健機構)によって緩和ケアの定義が改められ、「生命をおびやかす疾患に起因した諸問題に直面した患者・家族」のすべてが対象になりました。
患者さん本人だけでなく、そのご家族も対象とされています。日本では2012年の「第二次がん対策推進基本計画」で、緩和ケアは終末期に限定されたケアではなく、診断時から行うべきであることが明記されました。

  • がんの痛みをとる治療法とは
  • がんの痛み治療に使う「医療用麻薬」ってなに?
  • 世界ではあたりまえ、がんの痛み治療
  • 動画でわかるがんの痛み治療

終末期の患者さんだけが対象ではありません

  • ※ 参考資料
  • 1) 恒藤暁・内布敦子編「系統看護学講座 別巻 緩和ケア」(2014、医学書院)
  • 2) 緩和ケア普及啓発事業「緩和ケア.net」
  • 3) 日本緩和医療学会リーフレット「がんがわかったときからはじまる緩和ケア」